ジェイエステ脇Vラインお試し300円コース

2015年1月にはお試しコース、脇、Vライン無制限300円コースがあったので申し込みました。現在は同じ部位のお試し価格コースはありませんが、両脇+αで1000円以下のコースは毎シーズンあるような気がします。
どのエステサロンでも言われていることですが、脱毛は3ヶ月に1度、サロンに通わないといけません。ジェイエステに決めたのは、自宅近くのサロンがジェイエステだったからです。
はじめに、ホームページで申し込み、ジェイエステからの電話を待ちます。電話が来たら、初回の日時を決めます。初回は脱毛の方法などの説明が長いので1時 間以上はかかる、と思って時間を決めましょう。説明やキャンペーンなどかなり詳しく話してくれました。安心といえば、安心ですが、ちょっと面倒だなとも思 いました。2回目以降は勧誘もなく、脱毛サービスのみを行ってくれるので、すんなりです。
当日、ジェイエステにむかうと可愛らしいお姉さんが待合室でお茶を出してくれます。これは2回目以降もかならず、出してくれます。説明が終わると、施工台へ。電気も赤みがかっていて若干暗めなので、マッサージの部屋に似ています。

学割脱毛
指定された服に着替えて、横になります。お姉さんが脇、Vラインをチェックしてくれ、自身での手入れが足りていないと、お姉さんがシェーバーでカットして くれます。ちょっと気恥ずかしいですが…。それが終わると、脱毛開始です。冷たいハンコ注射をされているような感覚です。想像より早く終わってびっくりし ます。ハンコ注射のあとは、保冷剤のようなもので冷やされます。この時間もそこまで長くはありません。
脱毛はなんとなく、施術が長そうというイメージだけで敬遠している人はもったいないかもしれません。


ピュウベッロVIO脱毛体験談

ピュウベッロのVIO脱毛では、Vだけ、Iだけ、Oだけというチョイススタイルの脱毛も受け付けています。その日の気分やふと脱毛したいと思った時に少し づつ部位を選びながら脱毛できるので、本当に脱毛したい部分だけを集中的に施術してもらうのには最適な脱毛サロンだと思います。

また、ピュウベッロでは、ハイジニーナ脱毛(アンダーヘアの脱毛)の際には、専用の紙パンツを貸してくれます。最も皮膚がデリケートな粘着部位は光を照射するのが不可能なので、紙パンツの下着をギリギリのラインまでずらして照射するスタイルの施術内容です。

た だし、Oライン(お尻の穴周り)の部位は、下着をずらした状態では光の照射が困難なので、正直言って完全に紙パンツを脱いでしまうと女性の大事な部分が丸 見え状態となってしまいます。この恥ずかしさに絶えないと、残念ながらピュウベッロでは、ハイジニーナ脱毛はできませんね。

見られたら絶対に恥ずかしい部分を脱毛するのですから、ハイジニーナとは非常にHだというイメージを持たれると思いますが、女性にとって最も大事にしないとならない部位なので、常にきちんとケアすることがとても大切です。

以上のように恥ずかしさはすごくて、ピュウベッロのVIO脱毛は嫌だなと思う部分も多いんですが、自分だけで処理すると、ばい菌が入ったり、肌トラブルが起こる可能性があるので、そういう衛生面のメリットは大変大きいと思います。